Date:2017/2/ こんにちは!
転職コンサルタントの松井です^^

2月より「CRA転職」をリリースし、見て頂ける方もご登録をして頂く方も増えてきました! 皆様ありがとうございます!^^

少しでも、お役に立てるよう頑張って参ります。

さて、今回はキャリアにおける「安定」という言葉について、日頃思うところを書いてみます。

私がキャリアコンサルタントを始めて現在までCRAの方問わずたくさんの転職希望者とお会いし、キャリアについて考えを伺ってきました。

そこでよく耳にするのは、安定した企業に転職したい、というものでした。

「安定」の定義は複数ありますがここでは、”現状ビジネスがうまくいっており、腰を据えて長期的に働くことができる”としておきましょう。

企業選びやキャリアを構築するために安定している企業を選択する、これは間違っておらず、ある種正しい考え方だと思います。

ただ、ここ数年さまざまな産業が発展し、人がAIなどにとって代わることにより企業あるいは業界が10年後どうなっているかなんて誰も分かりません。
安心して働くことができていた日本の大手企業でも、ここ最近で大きな危機に見舞われています。

私は、企業に「安定」を求めることは逆に危険な考えなのではないかと思っております。

「安定」していると言われている会社におんぶにだっこで働き続け、いざ会社のビジネスがうまくいかなくなると会社も上司も、誰も助けてはくれません。

では、どのような形で「安定」を求めていくのか。
それは、自分自身で「安定」を作り出すことだと考えています。

会社に与えられた職務のみを遂行するだけでなく、自ら将来ビジョンを定め、どうやったらなりたい自分に近づけるか考え行動することが重要だと思います。
強みや弱みは何かを把握し仕事を通して自己研鑽をしていくことが、キャリアの「安定」に繋がることと私は認識しています。

例えばCRAですと、国内プロジェクトで英語を使う機会がなくとも、英語を勉強しできるようにしておく。Dr.との会話がうまくいかなければ、コミュニケーションに関する本を読む。Dr.と対等に話すために、積極的に学会へ参加し最新の医学情報を取得する、などなどさまざまな角度から自身の成長を促すことができます。

自分自身で「安定」を作り出すことができれば、人材としての価値が高まり各方面から声がかかるようになります。

会社に依存する人、依存しない人どちらが良いとも一概には言えませんが、現状に満足することなく成長する意思を持つことが大切だと思います。

CRO企業にはどこも「研修」があります。
これは、自分自身のキャリアの「安定」を築くためにはもってこいの制度になりますね。

成長意欲のある方は、「研修」が充実している企業を選ぶというのも良いかもしれません。

今回私が伝えたいのは、「企業に安定を求めるのではなく、自分自身が安定するためにどうするか」です。

よりよい環境を求めるCRAの方や、今後も成長産業といわれているCRO業界に興味のある方是非ご連絡下さい^^