Date:2017/07/10

こんにちは!
季節も変わり、本格的に気温も暑くなってきておりますが、CRO市場も依然として熱く求人は山のようにございます。

今回のブログではタイトルの通り、「カジュアル面談」について書いていこうと思います。

現在、求人倍率も増加し転職マーケットが売り手市場であることから、カジュアル面談というものが一般化してきています。

カジュアル面談と聞いて、どのようなものかイメージはできますでしょうか?

通常、内定までのフローとしては、

■応募→書類選考→面接(数回)→内定

という流れになります。
しかし、この「カジュアル面談」というのは、応募前に行われ、正式な面接に入る前に企業やポジション情報について、人事もしくは現場のManager等から直接お話が伺える場になります。

そのため、カジュアル面談は下記のような方が利用すべきだと考えています。

1)その企業に対して興味はあるけど、応募まで気持ちがいかない方
2)その企業の情報、あるいはポジションについて、直接伺いたい方
3)その企業ではどのような方が働いているか、知りたい方

実際のところ、企業の情報に関しては人材紹介会社より、人事担当者等から直接伺う方が情報の精度が高い可能性があります。
もっと理解したい、あるいは面接で有利に進めるためにカジュアル面談を挟みたい方はもってこいの機会だと考えております。

しかしながら、カジュアルな面談と言いましても、全て受け身で何も準備せず伺ってしまうと失敗するケースがあります。

当然、企業側はコミュニケーションや、本当に興味を持ってカジュアル面談に臨んでいるかどうかチェックしています。

このカジュアル面談を有意義に、かつ企業側からほしい人材と思わせるために実際の面接同様、最低限準備する必要があると思っています。

より良い面談とするために、準備すべきこととしては、

1)企業情報を調べ、出来る限りその企業について理解すること
2)何を知りたいか、質問事項をまとめ臨むこと(※ネットに書いていないこと)
3)どのようなキャリアを歩んでいきたいか、自分の中で整理しておくこと

企業、ポジション情報を教えて頂く場ではありますが、場合によっては「そもそも何で転職を考えているんですか?」とか「なぜ弊社のカジュアル面談にお越し頂けたのですか」等志望動機まではヒアリングされないにしても、興味本位で聞かれるケースがあります。

たとえカジュアル面談でなくとも、企業側の人間とコミュニケーションをする際は、是非上記のことを意識しながら臨むとより良い結果になるかと思います。

現在、このカジュアル面談はCRO企業でも積極的に実施されています。
(※掲載企業のほとんどがカジュアル面談可能です!)

ご興味があれば、是非お繋ぎ致しますのでお気軽にコンタクト頂けますと幸いです!!

宜しくお願い致します!!